旦那の愛をとりもどせ!パーソナルジムで産後太り解消ダイエット

第一子を出産したはいいものの、増えた体重が戻らない!パーソナルジムで産後太りを解消して、旦那の愛を取り戻す!!

【食事】糖質制限中の「お菓子をどうぞ」には、どう対処する?相手に不快感を与えない切り抜け方

f:id:mizuharasaki:20180719150259j:plain

 

お菓子のおすそ分けは断るべき?!糖質制限中のおすすめ対処法

私は現在、1日6時間程度のパート勤務で働いている身です。そうして会社で働いていると、避けて通れないのがお菓子のおすそ分け

連日「どうぞ〜」と差し出されるお菓子。糖質制限中なので、出来れば口にしたくないですよね…

だからといって「ダイエット中なんです」と断るのも、なんだか感じが悪い気がしませんか?こんな時の対処法を紹介します。

すべて私の独断と偏見によるものですので、参考になればよいのですが…。実際に使っているフレーズをご紹介しますね。

 

お菓子のおすそ分けへの対処法

それでは、お菓子のおすそ分けが来たとしましょう。まず、行動として選択するのは、以下の3パターンです。

 

おすそ分けに対する行動3パターン

1.食べてしまう

2.もらって持ち帰る

3.お断りする

 

1.食べてしまう

そこまで量が多くないお菓子などであれば、私だったら食べてしまいます。糖質制限をしているからといって、完全NGな訳ではありません。

カロリーが低めのもの、またはカロリー高めでも小ぶりのお菓子程度であれば、食べちゃってOKです。

その分、それ以外の食事で調節していけば良いのではないでしょうか?くれぐれも、食べ過ぎはNGということで…

 

2.もらって持ち帰る

差し入れに関しては、とりあえず笑顔で受け取るようにしています。せっかくのご厚意ですからね。断るのは失礼でしょう。

その場で食べなきゃいけない雰囲気でなければ、持ち帰って家族にプレゼント。「会社でお菓子もらってきたよ〜」と、いつも夫に横流ししています。

翌日「美味しかったです」と、夫の感想をそのまま伝えればOKです。嘘も方便。

 

3.お断りする

基本的には差し入れを断ることはありません。しかし、お菓子の数が人数分ない時など、遠慮できる時は真っ先に名乗り出ています。

受け取って家族にわたせたら1番良いのですが、たまーに誘惑に負けてしまい、食べてしまいます。なので、受け取らないのがベスト。

 

おすそ分けを断る場合のセリフBEST3

おすそ分けを断る際、相手を不快にさせたくないですよね。そこで、私がよく使うお断りフレーズをご紹介しましょう。

第1位:医師に摂取量を制限されていて…

第2位:甘いものがあまり得意ではなくて…

第3位:まだ授乳中なので…

断る場合のセリフとして使えるのは、以上の3つです。「ダイエット中なんで要りません」なんて言えないですもんね。

 

「健康診断で医師から注意を受けた」「赤ちゃんに授乳しているから砂糖を制限している」など、第三者を登場させて断るようにしています。

そのほうが断りやすいんですよね。断る際は、申し訳なさそうに。そして、「本当はいただきたいんだけど…」というニュアンスが伝わるよう気をつけています。

やむを得ずダイエット中である旨を伝える場合も、おすそ分けのお声掛けを頂いたことに対するお礼は欠かしません。

だって、実際は嬉しいですしね。食べられないのは自分の都合なだけで…

 

便利フレーズ、ぜひ使ってみてくださいね!

ダイエット中のお菓子は禁物。でも、職場によっては、おすそ分けって結構な頻度でやってきますよね。

そんな時には、今回ご紹介した行動フレーズで乗り切ってみてください。くれぐれも、毎回すべて食べることのないように…

 

ダイエットで人生を変えたい!

そんな方は コチラ からどうぞ♡

私が通っているパーソナルジムです。一緒に頑張ってみませんか?

公式サイトはコチラ ↓ 

www.247workout.jp/